2009年04月28日

【海外の反応】おれ も にほん つき です!

300px-ErtugrulFirkateyn.png
















さてさて・・・





今日は涙なくして見られない(?)動画です。











とにかく日本とトルコの友好ぶりを知って頂きたい。


BGMといい演出といい本当に素晴らしい動画で、



TuRKiSHSoLDieRS(投稿者)
i cant stop my tears =(

  hitjerom(投稿者)
  i cant stop my tears too.



涙が止まらない というコメント多数。

本当に涙なくしては見られない感動のエピソードです。


その他には、トルコと日本は兄弟だ!

みたいな書き込みも目立ってます。


個人的に面白かったというか、
思わずツッコんでしまったのがコレ。



ri0ri0ri(投稿者)
i love turkish people.
i want to go turky.


  12081985(投稿者)
  we welcome you warmly,
  ore mo nihon tsuki desu!




おれ も にほん つき です!


おお、好きつきになってるのはご愛嬌ですがw

これは嬉しいコメントだなあ
と思って投稿者のプロフィールを見ますと・・・


国: オランダ王国


ウェルカム言っときながらトルコ人ちゃうんかい!!!!
※まあ、この国籍ってヤツも結構アテにならないんですがねw



ちなみにこのエピソードの詳細はこちらを参照ください。

エルトゥールル号遭難事件


この事件の中でも特に涙涙なのが、
この友好の全ての始まりであるエルトゥールル号事件


当時の和歌山は串本の住民の方々は、現在と違って
まだまだ馴染みのない”異人たち”(敢えてこう書かせて頂きます)を、
台風での身の危険も顧みず、しかも自分たちも食料の蓄えも
わずかだったにもかかわらず、浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、
それに非常用のニワトリすら供出するなど、献身的に生存者たちを
手厚く介護した
・・・という優しさ


まあ、これが後の1985年イラン・イラク戦争のトルコ航空による
感動の日本人救出劇
に繋がる訳なんですが、

正に情けは人の為ならずとは、こういうことを言うんですねぇ。


本当に今の日本を築き上げて下さった先輩方を考えたら、
今さらながらもっとちゃんとせねばなあ・・・とマジで思います('A`)
(だからといって何が出来る訳でもないんですが。汗)


あとは、ちょっと気になった書き込み


netyou007jp(投稿者)
エルトゥールル以来、日本はトルコや中東に何をしてあげたか?
今だに彼らが日本を敬ってくれる。アメリカの方ばかり向かず、
彼らのために日本は動かなければならない。



これにはちょっと言いたい。


トルコには日本のODAだけでなく、
第二ボスポラス橋を架けた国家的プロジェクトにも
日本の伊藤忠商事も関わっているし、この点も含めて
トルコ人の方々から好意を抱いてもらっている訳で。

書かれてることはごもっともですが、
ネットなんかで少し調べたらすぐ出てくることですがねぇ。

・・・って釣られたのか?w



最後に、日本を好き過ぎて(?)日本らしい映像を作ってみました動画。





いかにもな感じですが、
これはこれで意外と(失礼)見られるから凄いwww


人と人とのつながり
だけでなく、

こうした国と国とのつながりも大事にしていきたいものです。










人気ブログランキングへブログランキングair_rank.gifblogramによるブログ分析







posted by RT at 00:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外から見た日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番下のはある国の国歌を別の国の人が歌うというパンゲアディという企画ものです。
フランスがアメリカ国歌を歌ったりしてましたよ。
ここに詳しいです。
http://wiki.nsview.net/Imagine!_Japan_sings_for_Turkey
Posted by とこ at 2009年05月02日 15:21
情けは人の為ならずぅ????
これでは意味が反対になってしまう。
良い文章だっただけに残念。
早急に修正しといてね。
今後の活躍に期待します。
Posted by Tack at 2009年05月02日 19:05
>とこさん

コメントありがとうございます。

おお、こういうwikiがあったんですね〜
参考にさせて頂きます。

いつか書こうかと思ってますが、
日本の国歌を聴いた外国人の反応、
というのも予定しておりますw

お暇な時がありましたらまたお越しくださいね〜

Posted by RT at 2009年05月02日 22:55
>Tackさん

コメントありがとうございます。

『情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い』という意味で書いたんですが、違ってましたかね(汗)

あの当時の日本人から見たら、
トルコ人は恐らく宇宙人を見るような感じだったと思うんですよ。
そういう相手でも親切にしていれば、回りまわって自分に返ってくるよ、というニュアンスで・・・。

お暇な時にでもまた、お越しくださいませ。


Posted by RT at 2009年05月02日 22:58
Tackさんは「情けは人の為ならず」の意味を誤解しておられるのでしょう。
Posted by よっしー at 2009年05月03日 02:05
>よっしーさん

コメント&フォローありがとうございます。

お時間がありましたらまた、お越しくださいませ〜
Posted by RT at 2009年05月03日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118199088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック