2011年11月07日

素晴らしき迷惑メールの世界 〜蘇ったタイムマシン博士。パラレルワールドと1985年

todoroki.jpg



さてさて・・・


またしても、皆様素晴らしき迷惑メールの世界へようこそ・・・


先日、タイムマシンを開発されたという、
異大・・・いやいや、偉大な博士の一生(?)をお送りさせて頂きました。
(まあ、結果的にはヒドイもんでしたがw)


ああ、やっぱり先生は星になられたのだ・・・

などと、しんみりしておりますと・・・


====================================

タイムマシン開発者・轟博士

○年齢 : 51才


====================================


思わずメール見てひっくり返りそうになりましたよ。


無事に生還されたんですか!先生!!

と、一応喜んでみたのもつかの間・・・


====================================

○タイトル : タイムスリップ体験ツアーを検討中です。
参加費はもちろん極秘厳守を条件に無料でタイムスリップ先

○本文 : 1985年を考えています。

滞在時間は5時間程度ですがこちらでの経過時間は5分程度でしょう。
つまり短い時間でも有意義にタイムスリップができるわけです。
参加定員は3名を考えています。過去に行って過去のものに物色しないという事と
過去の自分に会わないという事
だけは守ってもらいたいです。

タイムスリップをその身で実感して頂き、
もしもその後も自分の過去に関する事に戻りたいですとか、
私と一緒にタイムスリップしたいという事であればこちらとしても歓迎します。

今回のこのタイムスリップ体験ツアーには参加されてみますか?


====================================


本文では全くその件は”無かったこと”として処理されていらっしゃるようで。


まあ、アレですよね、タイムマシンの開発者なんですし、
タイムスリップなんてお手のものでしょうから、あの住居不法侵入・・・いや、
古民家に勝手に入って床の下敷きになってしまう前に時空移動し、
平行世界(パラレルワールド)における違うルート人生のリスタート文字通りw)を、
行われてらっしゃるのかも知れません。


ですから、もしも自分が轟博士

『おお、無事に生還されたんですか!先生!!
どうやって下敷きから脱出できたんですか!』

などと笑顔で詰め寄ったところで

『はぁ?キミは一体ナニを言っておるのかね・・・

みたいに怪訝(けげん)な反応をされてしまう恐れがありますな。


それにしても、何故1985年なのでしょうか。


タイムスリップ自体は、以前のメールでもお誘いありましたから、
とりあえず置いときますが(普通に考えたらそれ自体トンデモナイことなんですけどw)
何か1985年に轟博士の人生を変える何かがあった年だったのでしょうか・・・


現在、先生は51才のようですから、
運動会でうんこ漏らしたのは1985年よりもずっと前だろうし・・・
前回のメールをご参照くださいw)


ちなみに1985年はこんな年だったんですね。






う〜む・・・


あくまでもザッと振り返っただけですが、懐かしいなあ


昨日の宮本さんのスーパーマリオが発売された年でもあったんですね。
いやはや、そう考えると凄い歴史だよなあ、コレ。


この中でも特に個人的に印象に残った出来事としましては、
日航機墜落事故とか豊田商事の件とかトラウマ的な事件ですかねえ。


あとは全員集合が終わったり、阪神が優勝したり、
松田聖子と神田正輝が結婚したのも同じ年で、
NTT、JT、INAXとかは、この年から改名なんですねえ・・・


それと、ちょっと意外だったのですが、
『ギャッツビー』ってブランド名この年には既にあったんですねえ。
こんなに歴史あるもんだとは思ってもみませんでしたw


そして、スポーツの方なんですが、
当然ながらサッカーの”サ”の字も無くて、
プロレスがあるのがちょっと嬉しいというか現在の状況を思って寂しいというか、
ちょっとフクザツな心境であります。


プロレス大賞MVP 藤波辰巳(新日本プロレス)

世界最強タッグ決定リーグ戦優勝スタン・ハンセン&テッド・デビアス組(1回目)

第3回IWGPリーグ戦優勝アントニオ猪木(2回目)
(決勝戦でアンドレ・ザ・ジャイアントを下して2度目の優勝を飾る。)


おお・・・


もちろん当時をリアルタイムで見ていた訳ではなかったのですが、
藤波辰巳じゃない)とかテッド・デビアス、アンドレ・ザ・ジャイアント、
正に昭和のプロレス黄金期だったのでしょうねえ。
これだけはタイムスリップして現地で見てみたかった。涙)


テレビでは、

10月6日『アッコにおまかせ!』(TBS)がスタート

今でも芸能人の方が何か起こされると、和田アキ子さんが
それに対して発するこの番組内でのコメント
を、
そのまま記事にされてるマスコミさんは多い
ですが、
本当に息の長い番組なんですねえ・・・


当時流行ったCMキャッチフレーズは、
これはもう単純に懐かしい!と思ってしまいましたわw

wiki見ながら「ああ、あったあった!!」みたいなw


それからこの年に生まれた主な有名人の方なんですが・・・


石川梨華森下悠里松下奈緒藤本美貴松山ケンイチ
綾瀬はるか山下智久吉澤ひとみJOY中川翔子
小向美奈子平山相太カレン・ロバート宮里藍相武紗季
加藤ローサ加藤夏希大沢あかね蒼井優伊野波雅彦
上戸彩後藤真希ウエンツ瑛士小森純宮崎あおい
貫地谷しほり横峯さくら李忠成・・・(敬称略)


まあ、本当に一部の方々なのですが錚々(そうそう)たるメンバーですよね。
そういう方を選んだからなんですけどw)


結局、どうして博士が1985年を選んだのか理由は全く分からない。


ただ、そのお陰で(?)思いがけず懐かしくも楽しめた一時を過ごすことが出来まして、
その点では轟博士には大いに感謝したいと思ったメールでございました。。。




人気ブログランキングへ
ブログランキングair_rank.gif

1985年 (新潮新書) [新書] / 吉崎 達彦 (著); 新潮社 (刊)
1985年 (新潮新書) [新書] / 吉崎 達彦 (著); 新潮社 (刊)
posted by RT at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 素晴らしき迷惑メールの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234189918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック