2012年08月08日

【サッカー】見せつけろ 〜ロンドン・オリンピック男子サッカー















さてさて・・・



ロンドン・オリンピック男子サッカー。





五輪=サッカー日本男子は準決勝敗退、
3位決定戦で韓国と対戦へ

[ロンドン 7日 ロイター]
ロンドン五輪は7日、サッカー男子の準決勝を行い、
日本メキシコ1─3の逆転負け
女子に続く初の決勝進出は果たせなかった。

日本は前半12分に大津祐樹のゴールで1点を先制したが、
同31分に同点に追いつかれ、さらに後半20分と
同ロスタイムに2点を奪われた。
なお、メキシコが五輪サッカーで決勝進出するのは初めて。

日本の関塚隆監督は、先制しながらも
ミスから失点を許したことが残念とコメント。
決勝に行きたかったが、次は銅メダル獲得に向けて
集中しなければならないと気を引き締めた。

もうひとつの準決勝ではブラジルが韓国を3─0で下し
宿願だった初の五輪金メダルに王手をかけた。

日本は銅メダルをかけて10日に行われる3位決定戦を韓国と戦う。
メキシコ─ブラジルの決勝戦も同日行われる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120808-00000031-reut-spo








う〜ん・・・



残念というか悔しいなあ。



もちろん、選手個人の能力、そして組織力
すべてにおいてメキシコに上回られていたので、
点差を抜きにしても完敗といえば全く完敗なのですけども、
それにしても勝てる試合だった・・・とまでは言いませんがw


戦い方によってはもうちょっと何とかならなかったか・・・


という非常に往生際の悪い気持ちのハザマで揺れております(苦笑)




・・・以下、結果論タラレバの連続による、
非常に往生際の悪い未練がましいタワゴトです(苦笑)





・1失点目

CKによる失点。

しかし、そのCKになる前の過程メキシコの右サイドに出たパスは、
あれはオフサイドじゃなかったのかなあ・・・
どっちにしろ選手のセルフジャッジは良くないミスですが。
向こうが上手かったのか副審がアレなのか、オフサイド全然取れてなかったなあ)



189cmのデカイの二アサイドに張って、
それにボールを頭ですらされてテストマッチでも豪快なゴールを決められた、
MF8番ファビアン肩で押し込まれるような形での失点。



マークしていた徳永選手だけでなく、こちらの人数は完璧に揃っていたので、
何とか対処の方法なかったかなあ・・・
まあ、”絶対点を取るぞ!!”という気迫が産んだゴールでしょうから、
これは向こうを褒めるべきなのでしょう。



・2失点目

ミスとミスが重なればそりゃ失点しますわな。


問題外というかお話にならないようなミス


GK権田選手の若さが出たのか、気持ちの余裕がなかったのかな。
あそこは無理して相手選手が固まっている真ん中に、
ボールを転がすような場面では絶対になかったと思いますし、
遠くに蹴っとくか、一旦ボールを保持してちょっと時間を置くか、
そこら辺が非常に中途半端というか、その判断を誤ったかなあ・・・


そして、扇原選手にボールが渡った時も、
もっと周りから声かけというか、フォローのしようもあったかな・・・と。



しかし、そのボールを確実に決めるところは、
向こうの選手を褒めなければなりませんが。




・3失点目

もうこれは仕方ない(苦笑)



問題なのは、そこに至ってしまう前の段階
1-2から何とか追いつき、勝ち越さねばならない状況。



先ほどのメキシコの一点目
ファビアン選手のゴールのような
”絶対に点を取ってやるんだ!”という気持ちの面で、
それが見えなかったのが怒りを通り越して悲しかったですね。
(全く無いとは言いませんが、少なくともテレビの画面越しには伝わらなかった



せっかく高さのある杉本選手を入れているのに、
全然有効活用出来てなかったし、もっとシンプルパワープレーにシフトして、
とにかく何とかの一つ覚えのごとくの縦ポン
そんな思い切った攻撃も必要だったのではなかったかなあ。
その点は、もったいないなあ・・・と思いましたね。



そして、選手にいきますけど、永井選手、東選手、
やはり無理してまで出す必要があったのか・・・
特にテストマッチでも永井選手よりも杉本選手の方が効いていたし、
スタメンという面でも思い切った采配も考えられたのでは。



しかし、日韓W杯のように変にスタメンをいじって負けると、
『何やってんだよ!』とか『策に溺れやがって!』
みたいになるから、それはそれで難しい。
そこら辺の”リスク”頭をよぎったのかな・・・



これは、あくまで個人の想像になりますが、
恐らく関塚監督”情の人”なのでしょう。



このチーム立ち上げから関わった永井選手や東選手、
どんなにコンディションで問題があったとしても、
プレーが出来る以上は最後まで彼らと心中しよう。
リスクを犯すよりも監督はそちらを選択されたのでしょうね。





そして、100%結果論ですけどw

永井 ⇒ 杉本  東 ⇒ 齋藤(宇佐美)

杉本選手先発そして1TOPにして、
右SB酒井選手も良くなかったと思うので、そこに豪徳選手を使い、
杉本選手めがけてとにかくロングボールを放り込む。



そして、そのこぼれ球徹底的に、
清武・大津・斉藤(宇佐美)あたりで詰めてミドルや、
中途半端なことしないでとにかく徹底された攻めをしていたら、
また違った展開になったのかな・・・と。
齋藤選手のところに山村選手を使っても面白かったかも



まあ、これは”100%結果論”ですので、
書いていてこれほどムナシイこともないですが・・・(苦笑)





しかし・・・




まだ大会は終わった訳ではありません。



メダルを獲得するチャンスが消えた訳でもありません。




今一番大事なのはこれで気持ちを切らさないこと。



これはこれとしてしっかりと受け止めた上気持ちを切り替えて
次の”最後の試合”全力でぶつかっていくこと。




変なプレッシャーを与えたくはありませんが、
(そもそも関係者がこんな日記読んじゃいないでしょうけどw)



希望していた色でないにせよ、
メダルを持って帰るのと何もなく帰るのとでは、
それは天と地ほどの差がある。




隣の国から何かゴチャゴチャ言われてるみたいですけど、
そいつらを黙らせるためにも、そして、
とにかくいつまでも44年前のメダルのことで、
大きな顔されてる方を黙らせるためにも・・・




日本代表の力を見せ付ける試合を期待したいと思います。
(個人的にはまた大津選手のゴラッソを期待したいw)











人気ブログランキングへ
ブログランキングair_rank.gif


医易火病学-周易与中医智慧叢書
医易火病学-周易与中医智慧叢書


posted by RT at 13:39| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念無念な試合でしたね。
メキシコはやはり強かったです、しかし失点2つに感じては今までの試合ではあり得なかったミスでしたからコンディション?メンタル?どちらにしろいつもの日本ではなかったのは確かですね。

どんな場でも力を出しきる事は難しいですが一皮向けて欲しいと思いました。

まさかの罰ゲームが待ち構えてましたがこれは意地ですね、あのウザい隣国を黙らせる為の試合です。

頑張れ日本〜
Posted by あ at 2012年08月08日 21:26
>あさん

いやあ、本当に純粋にメキシコは良いチームでした。

かつての日本代表が目指すべくお手本が、
メキシコ代表と言われていましたが(90年代中盤〜後半頃)
ユース年代でも結果を残してますし、それは今も変わらないかなあと。

それにしても・・・

わざわざイギリスまで行って”罰ゲーム”ってのもキツイですがw
メダルと黙らせてやるという一挙両得のチャンスでもありますねw
Posted by RT at 2012年08月09日 00:15
無理して永井を最初から出したのはやはりこれまで通り戦うというメッセージだったと思いますし、まぁそれはそれでアリかなと思いますね。
個人的には勝負どころでの投入がベターだったとは思いますが。
ただポイントになったのは、むしろそういうプランであったにも関わらず最初の手で杉本投入という、いつもと違うことをした点じゃ無いでしょうか。
ブレブレです。選手も困惑したのでは。
とてもパワープレーに走る時間では無かったですし。
Posted by あん at 2012年08月09日 15:03
結果論は承知で言わせてもらえば、後半5分から10分の間の、明らかに崩れてきていた時間帯に永井→斎藤というこれまで通りの交代をするべきでした。
監督が一番アガッてたのかなーと思わざるを得ないです。
永井のサイド起用もこの大会で言えばあまり良いプレー出来てなかったですからね。普通で良かったと思います。
メキシコは確かに強いチームでしたが、自分たちの力を出したのか?いつも通り戦えたのか?と言う点が多くの人がスッキリしない要因なのでは無いかと思いますね。
Posted by あん at 2012年08月09日 15:12
>あん さん

コメントありがとうございます。

>自分たちの力を出したのか?いつも通り戦えたのか?

本当にそこに集約されていると思います。

持てる力の全てを出し切っての敗戦、もしくは、
全く手も足も出ないような敗戦

それだったら、まだ違った感情も湧くのでしょうが、
監督の差も大きかったような気がします。

大会前にあれだけGL三連敗確実みたいなことを言われていながら、
ここまで仕上げてきた関塚監督は素晴らしいと思いますが、
メキシコ戦に限ってみれば、向こうの采配、
攻撃のシフトチェンジに対応する前に逆転されてしまったような感じでしたね。

選手だけでなく、監督も、これをバネにメダルは絶対に持ち帰って来て欲しいものです。
Posted by RT at 2012年08月09日 16:06
メキシコのようなサッカーをとは随分昔から言われてはいましたよね、やはり体格で劣る部分を組織と技術にハードワークで補うってのは白人黒人外では有効ですし。

コンフェデで日本とメキシコの試合を見たくなりました、何処まで近付けたのか?上回れたか?を。

一挙両得、是非狙いましょう!モチベーション低下がかなり心配ではありますがここは是が非でも。
Posted by あ at 2012年08月09日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック