2012年10月07日

【ニュース】NYでの慰安婦問題で謝罪求める看板について思うこと

gian.jpg














さてさて・・・



昨日の日記と若干リンクするような内容なのですが、
またしてもあの国絡みのニュース・・・






【日米】慰安婦問題で謝罪求める看板
=日本総領事館が抗議−NY

笑韓ブログさん)





ニューヨークのタイムズスクエアに、
従軍慰安婦問題をめぐり日本に謝罪を求める
韓国の民間団体発注のものとみられる大きな看板広告が掲げられて、
ナチスのホロコーストを引き合いに出して、
アメリカの一般市民の方々に対し金払って恥じ晒すという見事なアピール。




前日の日記にも書かせて頂いたこと、
もう一度書いてしまいますが、




数十万人規模の虐殺や、
何の罪もない人間を強制的に連行し、
そして虐待したり性奴隷的な扱いを強要したり・・・



御国のために自らの命を犠牲にされた、
武士道を重んじる誇り高き大多数の日本人は、
こんな卑劣で下衆な行為は、
絶対に行なっていなかったはず。





もちろん戦争というある意味究極の非常事態ですから、
日本軍の兵士全員が全員、現地の人々も含めて、
トラブルが全くなかった
とは少々考えにくいとは思います。



・・・が。



今の時代の人間よりも、より規律武士道を重んじ
何よりも滅私奉公の精神で、自らよりも御国のために戦っていた、
兵士・・・いや、サムライたち。




そんな方たちが、
どう考えてもそんなことをするとは思えないのです。




去年の3.11の東日本大震災における日本人の、
規律のとれた模範的な行動は世界中から賞賛されました。



先を争わずキチンと並んで救助物資を受け取ったり
店内が滅茶苦茶になってしまった状態でも、
商品をキチンと拾っていつもと変わらずキチンとお金を払う



どこかの国みたいに混乱に乗じての、
暴動や略奪、レイプ
等々、そういった類の行動とは一切無縁



困っている人が居たら赤の他人だろうと、
関係なく救いの手を差し伸べる。



困った時はお互い様の精神。



それは日本人の国民性というか、
皆さん肌で”情けは人の為ならず”ということを、
実感されているからのことだと思うのです。



その精神は、たとえ数十年経ったとしても、
しっかりと子孫に受け継がれていると。



そんな中で、この語るに落ちる広告



よりにもよって、
ナチスのホロコーストを引き合いに出して、
この事実(あくまでも彼らにとっての、ですが)を全く知らない人らに、



あたかも同列であるかのように



見せてアピールする卑劣さ



今まで色々と書いてきましたけど、
怒りを通り越して吐き気がしますわ。マジで。
昨日の日記を書いた後なので余計に)



どこまで汚くて腐ってんだろうか奴らは。




ちなみに・・・



参考までに(?)ですけども、
このようなネット上のコピペを貼らせて頂いて、
今回の日記は終わらせて頂きます。






【特定アジアによる2050年までの国家戦略】

スイス政府著「民間防衛」

 第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
←民主党

 第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
←マスゴミ(TBS、毎日、朝日、NHK、フジTV、ゲンダイなど)

 第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」
←日教組、天皇アンチ

 第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
←友愛

 第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」
←日教組、マスゴミ

 最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」
←人権救済法案、外国人参政権←日本イマココ!!







・・・まあ、信じる信じないはアナタ次第ということで・・・w









人気ブログランキングへ
ブログランキングair_rank.gif


ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第 (幻冬舎よしもと文庫) [文庫] / 関 暁夫 (著); 幻冬舎 (刊)
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第 (幻冬舎よしもと文庫) [文...



posted by RT at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296389190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック