2013年08月14日

【サッカー】意義のある一戦。日本代表vsウルグアイ代表

forutomo.jpg


















さてさて・・・





サッカーなのですが、
日本代表とウルグアイ代表との試合。

















負けてはしまいましたが、(それも大敗
サッカーの試合としてはとても面白かったです。
ボクシングで言うところのノーガードの撃ち合いみたいでw




ただ、ノーガードと見せつつ、
締めるところをキッチリ締められるウルグアイは、
やはり当然ながら一枚も二枚も上手でしたねえ。




特に感心してしまったのが、
前からサボらずにしっかりとボールを持った選手に対し、
ちゃんとプレッシャーを与えに行く動き。




それも単独じゃなく組織立って連動しているからミスを誘って、
また奪ったボールを、
スアレスとかフォルランとか
一人でシュートまで持ち込める選手が居るので、
余計にそれが活きてくる。




自分は当然経験ありませんけど、
ボール持った日本の選手は、
ウルグアイの選手のプレッシャー・・・
かなりの負担になったことでしょうねえ。




そして、だけでなく最終ラインでの守備の上手さ




あのシュートのコースを瞬時に消す動きは、
さすが世界の一流プレーヤーというか、
もう遺伝子レベルで染みついているものなのでしょうか・・・

(ここだけ若干絶望感を覚えましたw)




たとえば日本のシュートチャンスになっても、
あの大きな身体でキチンとシュートコースに入って
コースを消せるので、無理やり撃ったとしても、




相手DFに当たって前にボールが飛ぶ



前線に残っているスアレス、フォルランがそれを拾う



一人もしくは2〜3人だけでシュート



ゴール or FKやCKなどさらに相手のチャンスに
・・・




・・・といった何とももどかしいループに入ったり・・・




今さら個人の能力がどうとか、
フィジカルがどうとか言いたくありません。
(すぐに解決する問題でもないし)



しかし、あの厚みのある身体で、
あれだけ動けて、ボールを持てて、正確で強烈な
シュート撃てて、それであれだけ守備を頑張れる。





コンフェデのブラジル戦でも思いましたが、



そりゃあ勝てるわけがねえ



・・・と。





しかも、試合後のインタビューでも監督、選手たちも語ってましたが、
ミスが多過ぎた。しかも"即失点に繋がるミス"が。





もっともっとプレーの精度、
今回で言えばパスの精度、スピードを高める、
2人目、3人目の動き、連動性を高める、
そういう部分で勝負する以外に無い





・・・改めてそう思った次第。




まあ、前述の通り
負けはしましたが試合としては非常に面白かったです。




両者ともバテバテで、リーグ戦のこともあるから、
無理しないで無難に無難に試合して




0-0



あの世界の強豪ウルグアイに引き分けられた!!


日本代表の未来は明るい!!!





・・・なんて感じで終わるよりは、
個人的によっぽど良かったです。







決まりはしなかったけどチャンスは作れていたワケで、
後は守備陣のテコ入れというか、
そこの部分の精度をいかに上げるか。




課題を教えて下さったし、
また、通用する部分の教えて下さった。



スケジュール的には選手の方々には非常に厳しい、




何でこのタイミングで試合を行うんだ



・・・と言いたくなるような試合でしょうが(苦笑)
日本にとってはとても意義のある一戦になったのではと。






ちなみに・・・




関係ないけど、どこかのお金持ちのチーム・・・




フォルランさんを獲得出来ないものでしょうかねえ。





ユニフォームやグッズ等で結構ペイ出来るような気もするし、
既婚者とはいえイケメンだし女性人気も増えるでしょうし、
話題性としても入場者数としても、
決して悪いことにはならない
と思うのですが。。。
(その前にブラジルのチームが出さないかな・・・)












人気ブログランキングへブログランキングair_rank.gifblogramによるブログ分析


WCCF 09-10キラ MVP1 ディエゴ・フォルラン / セガ
WCCF 09-10キラ MVP1 ディエゴ・フォルラン / セガ






posted by RT at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック