2016年09月16日

【B級グルメ】男の男による男のための男飯 〜つけ麺大王

b0132817_21584783.jpg


















さてさて・・・






毎度相変わらずなB級グルメなんですが、
家からほどなくしたところに、
つけ麺大王があります。






つけ麺大王





・・・なんだか妙にノスタルジックというか、
懐かしい響きを感じてしまうのは私だけでしょうか。

(札幌ラーメンどさん子と似た感じがする)






店内の雰囲気もイイ。





結構流行っているものの、
カウンターの中で中華鍋を振るっているのは、
かなりベテランのお父さん。
それも、制服(?)が年季入っていて、
ヨレヨレな感じのお父さん





そしてお客さんに目を移せば、
当然ながら若い女性はゼロもゼロ
辛うじてサラリーマンの若い(それでも30代ぐらい?)が、
晩ご飯をモクモクと食べています。





いい。






このまったくイマドキでない感じ、
そして、まったく色気も素っ気もない感じ。





いいじゃないか。






お父さんもくたびれた服に、
正直あんまりヤル気がない感じも、
これはこれでいいじゃないか。

(いや、良くないだろ)






こんな雰囲気が大好きである。






この日の日替わりの定食。







_0394.JPG





スタミナ炒め




いったいどの部分がスタミナなんだい?




そう聞くのはヤボの極みってもんです。





ブタミンパワー満点の豚肉に、
ニンニク、ニラが入っていれば、
これはもう誰が何と言おうがスタミナなのであります。







_0393.JPG





ご飯は大盛りで・・・




かなり盛りが多くて嬉しい。







_0395.JPG




オマケ的につく餃子も嬉しい・・・











<結論>







ウマイ。まじウマイ。







こち亀で主人公である両さんが、
クリスマスのイベントを中止にすべく、
モテナイ男たちのカリスマとなって、
色々とジャマをする回
があるのですが、その時に



男の食べ物




・・・として登場するのが牛丼なのですが、
これはそれ以上かも知れません。







しかも恋人たちがキャッキャウフフしているのを、
雰囲気ブチ壊すために



目の前で牛丼をひたすらかっ込む




・・・という嫌がらせ的なことではなく、
純粋に自分自身の空腹と向き合うというひたむきさ。
これが男の浪漫でもある。

(牛丼は笑ったけど)





味付けは焼肉のタレ的な感じでもあり、
シンプルにニンニク醤油的な感じでもあり、
意外にフクザツな味わい。





半分ぐらいまで食べ進んで、
あとは汁ごとメシにかけ、
スタミナ炒め丼として
いただく。





う〜む・・・






これはたまらんね。。。





個人的満足度:★★★★★+

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ



こち亀ジャンプ 2016年 9/21 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊 -
こち亀ジャンプ 2016年 9/21 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊 -


posted by RT at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442109096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック