2016年12月18日

素晴らしき迷惑メールの世界 〜日露戦争どちらが勝ったかご存知ですか?

baltic.jpg

















さてさて・・・







またしても皆様、素晴らしき迷惑メールの世界へようこそ・・・







今回は妙に嫉妬してしまう?メールであります・・・









====================================

日 露 戦 争 どちらが勝ったかご存知ですか?

====================================









なんだこれ・・・





もちろん知っていますが・・・








====================================

名取 紀子 【ユリア様の3億7000万円の事】

○年齢:50才


====================================








誰・・・?ユリア様って・・・








====================================



○本文:

ロシアが数で圧倒していましたが、
日本が戦術で辛うじて闘っている状態でした。

ですが戦線は日本有利

海軍に至っては、かの最強のバルチック艦隊をせん滅。

問題は陸軍。
満州の地にて、コサック騎兵部隊に押されていました。
更にロシアではどんどん投入出来る兵士がいます。
片や日本にはもう兵士はいません。

ギリギリの状態で何とか、小村寿太郎が講和や持ちこみ、
日本有利な講和条約を結び、一応の「勝利」で幕を閉じました。

黄色人種が初めて、ヨーロッパに勝った瞬間で御座いました。

その際の怨恨もありロシア(ソ連)日米戦争後に、
中立条約を破ってシベリア・満州に侵攻日本人を強姦・虐殺し、
そのまま樺太、千島列島を「奪う」行為を致しました。


これが日本、ロシアの近年の歴史で御座います。

この事をどう考慮しましてもロシアの方を守りたい、
助けたいと思う事はあり得ないかと
思います。

ロシア(ソ連)が日本にした事は、
人道的に最低な事と私は思っています。


ですが私達は日本人です。
日本には昔から和の心があります。

目には目でなく、目をも包み込む、
母性の国だと思っております。愛の国
だと。

無料ゲスト様の中ではロシアに対して
許せない気持ちがあるかも
しれません。

ですが私達は現代を生きています
私達の世代、若しくは下の世代に怨みを残してはいけません
お願いします。

歴史は大事ですが、歴史を乗り越えて、
私達の世代で、日本人はロシアに対しての偏見を辞めてみませんか?
どうかお願い致します。


ユリア様の3億7000万円
お礼4億円でお受け取り意思表明をして頂けませんか?


名取紀子




====================================










初めて読むメールの内容がコレで、
ただただ困惑するばかりなのですが、
書いてあることは非常にマトモであります。
(だからこそ余計にタチが悪いんですが)







要は、



ロシア人のユリアさんからのお金、
3億7000万円を何故受け取らないんですか?

そんなにユリアさんがお嫌いなのですか?

・・・いや、ロシア自体がお嫌いなのですか?

そのことでしたら私も分かります。

ですが・・・





・・・という前置きがあっての、このメールのようでして・・・








無料ゲスト様の中ではロシアに対して
許せない気持ちがあるかもしれません。



えっ、特にありませんけど・・・(困惑)




まあ、強いて挙げるのならば、
CSKAモスクワに所属する本田選手絡みですけど、
それにしたって全部ロシアが悪いわけじゃないからなあ。





私達は現代を生きています。私達の世代、
若しくは下の世代に怨みを残してはいけません。




まったく仰る通りです。



その言葉を、ぜひ"1000年恨む"とかいうどこかの国に、
慈愛の心をもって広めてあげてください。。。

(マジで)





人気ブログランキングへブログランキングair_rank.gifblogramによるブログ分析

プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア -
プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア -

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445093235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック